新着情報

最初の部分

余すところなく飛騨牛を
味わい尽くすために培った、
たゆまぬ時間と技術は私たちの財産です。

美しいバラ色の赤みと脂身が層をなす飛騨牛。
肉の芸術品とも言われる飛騨牛のおいしさは、火を通した瞬間の芳醇な香りととろける肉質、
ゆっくりとにじみ出る脂の甘さにあります。
そのおいしさを存分に引き出すための部位ごとの精肉技術は、
私たちが磨いた勘と経験によって築き上げた技です。

一覧を見る